自分でするパソコン廃棄_パソコン処分のデータ消去について考えていきましょう

パソコンが古くなったり故障して使えなくなったりした場合はパソコン廃棄/パソコン処分をしなければなりません。今回は【自分でするパソコン廃棄/パソコン処分のデータ消去】について説明しましょう。

■自分でハードディスクを取り出してデータ消去
一番確実ですが、自分でしなければならないのがネックです。ハードディスクを自分でパソコンから取りだして保管するか、物理的に破壊してしまわなければなりません。特別な知識がなければなかなかできないでしょう。ハードディスクを取り外したパソコンだけをパソコン廃棄/パソコン処分します。

ハードディスクを取りだしする作業とパソコンの分解作業をしなければなりません。

■取りだしたハードディスクを自分で保管しておく方法もあります。
データが入っているならばバックアップ用のツールとしても利用できます。フォーマットしておいて予備のハードディスクとして保管するなど利用価値はありますが、いずれもマニアックです。もちろんハードディスクそのものが壊れているならば再利用はできません。

■取り外して破壊したハードディスクはどうするの?
ここまで作業したものは、すでにパソコンではありません。基本的には「不燃ゴミ」や「資源ゴミ」としての取り扱いになるでしょう。こういたゴミについても地方自治体によって対応がことなります。ホームページなどで確認しましょう。

■いかがでしたでしょうか?
ハードディスクを交換するためのパソコン分解サイトやハードディスク分解サイトをチェックしてみましょう。自分で出来そうならばやってみてください。メーカーでの廃棄処分を依頼する場合は、あらかじめハードディスクを取りだしてもいいのかどうかを確認しておきましょう。一般的には大部分のメーカーはハードディスクを取り外してのパソコン廃棄/パソコン処分を推奨しています。

◆パソコン処分で注意したデータ消去の知識
パソコン廃棄/パソコン処分する場合に一番注意して欲しいのはハードディスクのデータの取り扱いです。今回は【パソコン廃棄/パソコン処分で注意したデータ消去の知識】をご紹介しましょう。

■自分でデータ消去をする
パソコンが動作する場合はこの方法を試してください。電源が入って光学ドライブが問題なく動作するならば次のアクションを試してみましょう。フリーのデータ消去ソフトや物理フォーマットツールをダウンロードします。これらのソフトを使用すればハードディスクを取り出さずにデータ消去ができます。自分でパソコンを分解したりハードディスクの取り出しができない場合は有効です。

専門的な知識も必要ですから、ハードディスクの物理フォーマットのサイトなどインターネットで参考にしてください。

■パソコン廃棄/パソコン処分会社やパソコンメーカーに任せる方法
パソコン廃棄/パソコン処分の会社では最近は個人情報保護の観点から「データ消去」「証明書発行」までサービスで行ってくれる場合もあります。メーカーの中にはパソコン廃棄/パソコン処分の際にデータ消去もしてくれます。ハードディスクの中にあるデータがそれほど気にならないならばパソコンをそのままの状態でパソコン廃棄/パソコン処分してもいいでしょう。

■HDD消去サービスをしてくれる店舗もあります
ハードディスクなど記録メディアを直接店舗に持ち込みます。そうすれば磁気ディスクのデータ消去や物理破壊をしてくれます。例えば家電量販店のソフマップでは各店舗でこういったサービスを行ってくれます。有料になってもいいならば、このようなサービスを使うこともありでしょう。

■いかがでしたでしょうか?
パソコン廃棄/パソコン処分をする場合はハードディスクのデータについて少し意識しておきましょう。

横浜でパソコン廃棄をお考えの方にお勧めの専門業者です。
■『パソコンのデータ処分、廃棄はおまかせ下さい』
■URL⇒http://www.pczero-web.com/